日常の困ったを解決するブログ

健康

尿もれ対策はコレ!もうズボンは濡らさない。排尿後の尿もれ対策(男性版)

投稿日:2017年6月29日 更新日:

ボクが実践している、排尿後の尿もれ対策をお伝えしよう。

皆さん、排尿後にトイレから立ち去る時、ズボンを濡らしたことはありませんか?

いまから、お伝えする方法で排尿すればボクの場合、確実に尿もれが無くなります。尿もれにお困りの男性の方って結構多いのでは?とても簡単ですので是非実践して頂きたい。

その方法とは

排尿の終わりになったら、タマタマと肛門の間を指で押す。以上。

どうです!簡単ですよね。

もう少し詳しく方法を伝授いたします。




まず、排尿が終わりになって来ると勢いが弱くなりますね。

そうなったら、タマタマと肛門の間を指で押してやるのです。

指はボクは3本。尿道に沿って人差し指と中指と薬指を揃えて(そろえて)押します。

押さえると残尿が出ます。ピュッピュッっと出たら成功です。

ずっと押さえるのではなく、押し出す感じで何回か押します。ですからピュッピュッっと表現になるのです。それに、ギュっとおすのでもありませんよ。ソフトに押して下さい。

公衆トイレで並んでしてても、そんなに変な動きではないので、誰もジロジロ見てきませんのでご安心を。

洋式トイレでも出来ますが、必要ないです。なぜか座ってすると残尿がないしトイレットペーパーがありますからね。

さあ、これでズボンやパンツへの尿もれとはサヨナラです。グレーのズボンに尿もれなんかしてしまったら最悪ですもんね。

効果があった人はコメントで教えてくれたら嬉しいです。是非ともご報告を。

最後にお決まりなのですが、ボクは医療関係者ではありません。医学的見地に依るものではなく。あくまで経験談です。皆さまにおかれまして、体調不良等や病気になられましても一切の責任は負いかねますので、ご了承下さい。




-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

慢性硬膜下血腫の前兆現象ってどんなもの?(経験談)

慢性硬膜下血腫と名前を聞いただけで、恐ろしい病気のような気がしますが、頭を強く打った時などになる病気です。 ボクが発病前を振り返ってみて感じた前兆現象を書き連ねていきたいと思います。 入院の1週間前か …

点滴が痛くならないようにするには

点滴って痛いですよね。少しでも痛みを緩和するボクなりの方法を綴っていこうと思います。 ボクは、慢性硬膜下血腫という病気で一週間ではありましたが、入院して毎日点滴をされてました。腕がパンパンに腫れたり、 …

慢性硬膜下血腫の入院生活はどんなもの?入院体験記

慢性硬膜下血腫の手術を受けて入院となってしまった。そこで入院生活の概容と注意していたことをお伝えしようと思います。 頭を打つとなりやすい病気で、ボクのように40代で手術するのは珍しいようで、ボクと同じ …

慢性硬膜下血腫の手術ってどんなもの?手術体験記

慢性硬膜下血腫(まんせいこうまっかけっしゅ)になってしまって手術をした話をしようと思う。 病名を聞くと恐ろしい感じがしますが、交通事故で頭を打ったときなどになるそうです。 でも交通事故が起きたのは今か …